HONBAKOラジオ

『HONBAKOラジオ』では、毎回ユニークな箱主さんをゲストとしてお迎えし、電波を通した新しい繋がり、HONBAKOやシェア型書店の持つ可能性、コミュニティの在り方などについて箱主さんと一緒に探索していくような番組になればと考えています。

HONBAKOラジオ[Vol.3]ゲスト箱主さん:かんとふうさん

第3回目のゲストとして登場いただいた かんとふうさんは、小さな頃から図画工作の時間が大好きだったという絵本作家さん。絵本を書くようになるまでの素敵なエピソードをたくさん聞かせていただきました。ご自身の作品である「あなたに贈る物語」絵本シリーズは、かわいいだけでなく深いメッセージが込められた素敵な作品。放送では、その中の1冊である「ぼくのいるところ」を朗読していただき、その世界観を楽しませていただいたのち、「自分たちの居場所」についての話で盛り上がりました。終始、おだやかな空気感に包まれた、あっという間の1時間でした。ぜひ、お楽しみください。
■本箱No.
かんとふうさん:Organic-56

HONBAKOラジオ[Vol.2]ゲスト箱主さん:田中宗吾さん

第二回目のゲストとして登場いただいた田中宗吾さんは、「人間関係アドバイザー」というライフワークを通じ、言葉と身体を使って人間関係の仕組みをお伝えされている箱主さんです。 また、HONBAKO 代表 牧田の高校時代からの友人ということもあり、おもしろい昔話もたくさん飛び出しました。 現地観覧席には、同じHONBAKOの箱主さんである長緒鬼無里さんや、牧田の奥さま 牧田ちほさんも応援に駆けつけてくださいました。とてもほっこりしたあたたかい放送になっています。ぜひお楽しみください。
■本箱No.
田中宗吾さん:Fun-24
長緒鬼無里さん:Organic-51
牧田ちほさん:Fun-10

HONBAKOラジオ[Vol.1]ゲスト箱主さん:山﨑勢津子さん

第一回目のゲストとして登場いただいた山﨑 勢津子さんは、「対人援助」というお仕事を通じて、人と人との繋がりについての様々な活動をされている方です。高校生の頃に読んだ「ラスト・クリスマス(マリ・ブラディ著 / 平井恵子 訳)」をキッカケに、作業療法士というお仕事に就かれ、病院での勤務を経て昨年(2022年)、ご主人と共に会社を立ち上げられたそうです。 HONBAKOの箱主さんとして、ご自身の著書「まずはケアの話から始めよう」をはじめ、様々な本を紹介。今後、HONBAKOのお店番や3Fシェアスペースを使った楽しいイベントなども企画してくださっています。 現地に応援に駆けつけてくれた柳楽 寿美子さんはじめ、忙しいなか生放送で視聴してくれた箱主さん皆さん、ほんとにありがとうございました。とても励みになりました。
■本箱No.
山﨑 勢津子さん:Fun-29
柳楽 寿美子さん:Organic-39